ダイエット頑張ろう

ダイエットや健康に関する記事をまとめています

ヨーグルトの食べ方次第で痩せられる!?ダイエットにおすすめの食べ方、選び方

ラズベリー, ヨーグルト, 自然, 新鮮, 朝食, ピンク, 赤, もちろんです, 目覚め, 食用, 夏

 

ヨーグルトといえば、乳酸菌や善玉菌など、お腹を調子を整えるのに良さそうですよね。

腸内環境を整えることや美容に良いと言われていますが、ダイエットの観点から見るとどうなのでしょうか。

今回はそんなヨーグルトとダイエットの関係について解説しつつ、おすすめの食べ方や商品などについても紹介していきたいと思います。

ヨーグルトのダイエット効果とは

最初にヨーグルトのダイエット効果について見ていきましょう。

ヨーグルトは乳酸菌が豊富に含まれている食べ物ですね。

そもそもヨーグルトは、牛乳に乳酸菌を加えて発酵させた「発酵食品」です。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は「善玉菌」と呼ばれていて、便秘予防に繋がったり、腸内環境改善に役立ちます。腸内環境が良くなることで、腸の活動が活発になります。

活発化された腸内ではエネルギー消費量が増えます。いわゆる「基礎代謝量」が増えます。

この辺りの話は本ブログの記事でも詳しく解説しています。

 

www.tousaiblog.com

 

乳酸菌は善玉菌を増やすだけでなく、悪玉菌を減らしてくれるという効果も期待できます。悪玉菌は病原菌の元にもなるので、健康への効果も期待できるというわけですね。

 

ヨーグルトで痩せるための食べ方

ヨーグルトを食べることで腸内環境を改善させ、基礎代謝量を増やせるという働きがあるということがわかった段階で、効果的な食べ方を紹介します。

 

腸内環境を改善させるには、食後がおすすめ

まず、ヨーグルトに含まれる「善玉菌」は胃酸に弱いです。

そのため、空腹時にヨーグルトを食べても、腸まで善玉菌が届かないケースがほとんどです。ですので腸内環境を整えたい場合には、食後にヨーグルトを取り入れるのがおすすめです。

 

食前に食べた時の効果は?

では、食前にヨーグルトを食べるのは、意味がないことなのでしょうか。

実は、食前に食べてもダイエット効果が期待できるのです。

ヨーグルトに含まれているビタミンB2は、食事に含まれる脂質や糖質を分解する働きがあります。そのため、朝昼は食前に食べるのもアリです。

 

夜に食べると、翌日スッキリ

ヨーグルトを夜に食べることで、便秘改善効果が大いに期待できます。

というのも、人間の身体のリズムは、

朝→排泄

昼→栄養補給

夜→吸収

という流れになっています。そして22時から翌2時までの間は腸内が最も活発に働く時間帯と言われています。そのため夕食後にヨーグルトを食べることで、腸内環境の効果が増します。

 

食べる量はどのくらいがおすすめ?

ヨーグルトの摂取量は100g程度が良いでしょう。

市販の小さいサイズが大体そのくらいなので、目安としてください。

加糖のものを避けるのが望ましく、低脂肪や無脂肪であればなお良いです。

ちなみに、「飲むヨーグルト」は基本的に加糖のものが多く、かえって太る原因になる可能性もあるので注意しましょう。

 

おすすめの食べ方紹介

 

①果物と一緒に食べる

朝ヨーグルトを食べる方には、果物と一緒に摂取するのがおすすめです。

果物に含まれている果糖が善玉菌と合わさって腸内環境整える効果があります。

果物で糖質を摂取するので、ヨーグルトはなるべく糖分を抑えた方が良いです。

 

②レンジで温めて「ホットヨーグルト」

ヨーグルトは冷たい状態で食べることがほとんどだと思われますが、実は温めた方が、体内での栄養吸収率が良くなるのです。レンジで少し温めてよく混ぜて食べましょう。

 

③おからと混ぜて食べる

おからパウダーをヨーグルトに混ぜると、食物繊維が加わるので、腸内環境を整えるのに最適です。おからにはタンパク質もあります。タンパク質はダイエット中は特に不足しやすい栄養素ですので積極的に摂取しましょう。

おから大さじ3杯とヨーグルト100gとをよく混ぜます。混ぜると固まってディップ状になります。

 

おすすめのヨーグルト3選!

 

ガセリ菌sp株ヨーグルト

 
雪印さんから出ている、ガセリ菌sp株ヨーグルトです。
脂肪0で、糖質量も低めで嬉しいです。
コンビニにおいてあるヨーグルトとしては最もおすすめです。
 

ソイビオ 豆乳ヨーグルト

私が普段愛用しているヨーグルトがこちらです。

豆乳を使用したヨーグルトで、牛乳に比べてヘルシーです。

こちら砂糖不使用で、糖質がほとんどありません。

豆乳ヨーグルトは何種類かありますが、こちらは大豆感が強く、大豆の甘みも臭みもあるなという印象です。

 

豆乳グルト

 

こちらも豆乳ヨーグルトになります。
砂糖不使用なのは一緒ですが、味に大きく違いがあります。
こちらはほとんど大豆の感じがしません。その分牛乳っぽさもないので、酸味も強めです。
豆乳が苦手な人でも問題ないのはこちらです。
 
 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

ヨーグルトは腸内環境を整えて、ダイエット効果があるだけでなく、美容効果、風邪の予防にも良いとされています。

様々な効果が期待でき、安価で毎日の食事に取り入れやすいので、何かダイエットを始めようとしている人はヨーグルトから始めてみてはいかがでしょうか。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい記事

 

www.tousaiblog.com

 

 

www.tousaiblog.com