ダイエット頑張ろう

ダイエットや健康に関する記事をまとめています

ダイエット中の間食に最適!低糖質チョコレートのおすすめ9選

バレンタインの日, チョコレート, キャンディ, 中心部, 愛, バレンタイン, 赤, ロマンス

ダイエット中でもついつい間食をしてしまいたくなりますよね。

最近では健康意識が高く、カロリーを抑えたお菓子だとか、ノンフライ、糖類カットのお菓子も多くなってきました。

そんな中、いまだに普通のお菓子を食べている人も多いと思います。

ダイエット中はもちろんのことですが、ダイエットをしていない時でも日常的に低糖質のお菓子を食べることで太りにくくなります。

糖質制限」というのは、ダイエットにおいてとても重要なキーワードになってきています。

今回は「低糖質」なチョコレートについて、出来るだけたくさんまとめてみました。

なぜ「低糖質」が良いのか

まず、糖質について理解する必要があります。

最近では糖質制限ダイエットという言葉も有名になりましたが、なぜ糖質を控えなければいけないのでしょうか。

糖質を摂取することで血中の糖質量、いわゆる「血糖値」が上昇します。

血糖値が高いとインスリンというホルモンによって余分な血液中の糖を脂肪へと変換してしまいます。

糖質の摂りすぎが良くないとされている理由はここにあります。

 

糖質の摂り方もダイエットにおいて重要

ダイエットを考えた時に糖質は抑えるべきですが、ただ抑えるだけではいけません。

というのも、糖質は少しづつ摂るのが良いとされています。

というのも、糖質を1度に大量に摂ると、血糖値が急上昇します。

血糖値が急激に上がると、下げようとしてインスリンが大量に分泌されてしまいます。

先ほども話しましたが、インスリンは血中の糖を脂肪に変換するので、大量に分泌されてしまうのはあまり良くないです。

 

具体的な糖質の摂取目安量

では、どのくらい摂るのが望ましいのでしょうか。

一般的には、

1食あたり20gまで

間食で10gまで

が望ましいです。

普段の食生活でも気をつけたいポイントです。

 

ダイエット中の間食に最適なチョコレートはどういうものなのか

血糖値に関する知識をつけた上で、いよいよ本題です。

どんなチョコレートを選んだら良いのでしょうか。

結論としては糖質の低いものが望ましいです。

チョコレートに含まれる砂糖や甘味成分が糖質の塊となっていますので、なるべく抑えられたものが良いとされています。

具体的には

  • 砂糖を抑えたチョコレート
  • 高カカオなチョコレート
  • アーモンドでコーティングされたチョコレート

です。

砂糖を抑えたチョコレートは低糖質なのはもちろん、高カカオなチョコレートはそれだけ糖類の使用量が少ないです。

アーモンドチョコレートもチョコ自体が少ないので、糖質を抑えることができます。

具体的に見てみましょう。

おすすめ①砂糖を抑えたチョコレート 

ロッテ ZERO(糖質15.8g) 


【1月16日(木)1時59分まで 全品対象 最大200円OFFクーポン発行中】【送料無料】【2ケースセット】ロッテ ゼロ シュガーフリーチョコレートクリスプ 28g×10袋入×(2ケース) ※北海道・沖縄・離島は別途送料が必要。

ロッテから出ているシュガーフリーチョコレート、ZEROです。

砂糖、乳糖を極限まで抑えたチョコレートです。

砂糖を使わない代わりに甘味料や糖アルコール(キシリトールマルチトール)などを使用したり乳糖を含まない乳原料を使用することで甘さをキープしつつ糖質を抑えています。

そのため糖質がゼロという商品ではないです。

このZEROはバリエーション豊富で

  • ゼロ まろやかなコク
  • ゼロ〈ビター〉 深みカカオ
  • ゼロ チョコレート
  • ゼロ ビスケット
  • ゼロチョコレートクリスプ
  • ゼロケーキ
  • ゼロチョコアイスバー
  • ゼロアイスケーキ

と現在で8種類の商品が出ています。

用途にあわせて最適な商品を選べる上、たくさんの味を楽しめるのがありがたいです。

代表的なゼロ まろやかなコクで糖質は15.8gです。

一日に一袋食べると少し糖質を摂りすぎになりますが保存がききますので小分けにして食べるようにするのが良いですね。

 

明治 おいしいoff(糖質量13.4g) 


『提携会社直送品』 【送料無料(沖縄・離島除く)】明治 おいしいoff砂糖50%まろやかミルク 33g 20個(10個x2)

明治からも砂糖を抑えたチョコレートが出ています。

この「おいしいoff」には砂糖50%オフのものと砂糖不使用のものの2種類があります。

50%offというのは明治ミルクチョコレートと比べて砂糖が半分になっているということです。

こちらの商品も人工甘味料や糖アルコールによって甘さを補っています。

そのため糖質量は13.4gと低糖質のお菓子としては少し多くなっています。

小分けできる、持ち運びがしやすい、コンビニでも買えるのがメリットです。

 

明治 オリゴスマート(1枚あたりの糖質2.1g)


オリゴスマート ミルクチョコレート(65g*5コセット)【meijiAU01】

2019年2月に発売されたオリゴスマートです。

女優の新木優子さんがCMをやっていることでも有名です。

特徴は糖として吸収されないオリゴ糖である「ブラックオリゴ糖」を使用していることです。

ブラックオリゴ糖は難消化性であるため、吸収されにくく腸内細菌によって分解されます。

1枚あたりの糖質は2.1gですので一日に5枚くらいまでが望ましいでしょう。

 

おすすめ②高カカオなチョコレート

森永 カレ・ド・ショコラ〈カカオ70〉(1枚あたりの糖質1.8g)


森永 カレ・ド・ショコラ カカオ70 21枚×6箱 高カカオ チョコレート

2019年9月に発売されたばかりの高カカオチョコレートです。

通常のチョコレートのおよそ2倍ほどのカカオが使用されているため健康効果も高いです。

カカオ含有量が70%代であればチョコレートの甘味を感じられるレベルですので甘いものが食べたい場合はこちらがおすすめです。

カレ・ド・ショコラにはカカオ88%のものもありますので糖質を極限まで抑えたい方にはこちらがおすすめです。

 

明治 チョコレート効果 カカオ72%(1枚あたりの糖質1.6g) 


チョコレート効果 カカオ72% 大容量ボックス(1kg)【meijiAU01】【meijiAU01b】【チョコレート効果】[バレンタイン]

新垣結衣さんのCMでおなじみの明治チョコレート効果です。

高カカオでポリフェノールがたくさん含まれているので健康的な商品です。

ポリフェノールには血圧低下、動脈硬化予防、美容効果が期待できるので毎日少しづつでも摂取したい成分です。

こちらの商品はカカオ72%の他に、86%と95%のものもありますのでビター好きでしたらこちらもどうぞ。

ちなみにカカオ95%の1枚あたりの糖質量は0.6gです。

糖質は少ないですが、かなり苦いと思いますのでお好みで。

 

明治 ザ・チョコレート 力強い深み コンフォートビター(1箱あたりの糖質14.7g) 


明治 ザ・チョコレート力強い深みコンフォートビター(3枚) 50g×10個 【送料無料】

明治からはハイカカオ商品としてもう1シリーズ出ています。

コンビニなどでよく見かける商品だと思います。

板状のものが3つ入っています。

1つあたりの糖質は4.9gで、2つまで食べるのが望ましいです。 

一枚あたりのサイズが大きいので、ゆっくり食べるようにすると血糖値の上昇を抑えることができます。

 

ロッテ 乳酸菌ショコラ カカオ70(1枚あたりの糖質1.3g) 


スイーツデイズ 乳酸菌ショコラ カカオ70(56g*2コセット)[チョコレート バレンタイン 義理チョコ]

ロッテからは乳酸菌入りのハイカカオチョコレートが出ています。

乳酸菌入りなので、腸内環境を整えることができます。

一枚あたりの糖質は1.3gなので1日に7枚までにしておきましょう。

 

おすすめ③アーモンドでコーティングされたチョコレート

ロッテ 乳酸菌ショコラ アーモンドチョコレート カカオ70% (1箱あたりの糖質21.2g)


ロッテ 乳酸菌ショコラ アーモンドチョコカカオ70 86g×10個セット [乳酸菌ショコラ アーモンドチョコ]

先ほど紹介した乳酸菌ショコラに、アーモンドが入ったバージョンです。

アーモンドでかさ増ししているので、糖質を抑えられています。

1箱あたりの糖質量が多く感じますが、内容量も95gと大容量です。

大容量なので、食べ過ぎに気をつけたいですね。

 

低糖工房 アーモンドチョコレート(100gあたりの糖質9.1g) 


ダントツの! 低糖質 糖質制限 アーモンド チョコレート 100g×3袋 おやつ 糖質制限チョコレート 低糖質チョコレート おやつ スイーツ 置き換えダイエット ダイエットチョコ ロカボ

通販限定の商品ですが、低糖質商品として優秀なのがこちらのチョコレートです。

糖質を抑えたチョコレートにアーモンドをプラスした商品です。

糖質量は驚きの100gあたり9.1gです。

持ち運びもしやすいので、まとめ買いしておいても損はありません。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

ダイエット中でも賢く間食することで、ストレスなくダイエットを続けることができます。

1つ注意点があり、一度に食べ過ぎないことです。

先ほども言いましたが、血糖値の急上昇はインスリンの大量分泌の原因にもなりますので、間食もゆっくり食べるようにするか、こまめに分けるようにしましょう。

せっかくお菓子を食べるのであれば、なるべく太りにくいものを食べるようにして、賢くダイエットしていきましょう。

 

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

賢くダイエットをするためにはこちらの記事もおすすめです。 

www.tousaiblog.com

 

 

www.tousaiblog.com

 

 

www.tousaiblog.com