ダイエット頑張ろう

ダイエットや健康に関する記事をまとめています

究極の減量食「沼」について解説!ダイエットに効果的!

日没, 風景, 空, カラフルです, 水, エバーグレーズ, フロリダ州, 青, 反射, オレンジ, 地平線

こんにちは、とうさいです。

ダイエット中の食事制限って上手くはいかないですよね。

カロリー計算をしっかりしないと気付かないうちにカロリーオーバーになってしまうので意外と難しいんです。

今回はそんな悩みを解決する究極の減量食「沼」について紹介したいと思います。

元ボディービルダーの方が考案したレシピですので実績は十分にあります。

 

「沼」とは?

「沼」とはボディービルダーで現役パーソナルトレーナーの「シャイニー薊」さんが考案した減量食です。

名前の由来は見た目が沼に似ているから、という理由です。

かなりドロドロしているのでシャイニー薊さんがそう名付けたのでしょう。

薊さんは自身の減量期間になると「沼」生活を始めて減量するそうです。

自身の減量食を何年も研究してやっと「沼」にいきついたそうです。

 

 究極の減量食「沼」の作り方

沼のレシピ

・米2合

・水1.8L-2.0L

・乾燥わかめ30g

・干しシイタケ30g

・オクラ10本

・カレー粉

・塩コショウ

 

10合炊きの炊飯器を使います。

というのも、「沼」に水分をたっぷり含ませるために水を大量に入れる必要があるからです。

作り方は、材料を全部炊飯器に入れて、炊きます。

しばらく蒸らせば完成です。

この分量で1,800キロカロリーです。

 

とても簡単な工程です。

基本的には夜に炊いて朝まで蒸らすのが良いです。

この分量であれば、4等分にして4時間おきに食べましょう。

動画で詳しく説明していますので詳しく見たい方はどうぞ。


究極の減量食「沼」を大公開!

シャイニー薊のコメントがところどころ面白くてつい笑ってしまいます。

是非見ることをオススメします。

 

「沼」のメリット

究極の減量食といわれている「沼」ですがメリットはいくつかあります。

  • 1日分の減量食が作れる
  • 炭水化物多めでエネルギーの確保ができる
  • 作るのが簡単
  • 材料が安い
  • カロリー計算がしやすい

圧倒的なコストパフォーマンスの良さが魅力的ですね。

減量食はささみなどをつかった料理が多くパサパサしていて満足感がないことが挙げられます。

「沼」は水分を大量に含んでいますので満足感もあり、食感も良いのが特徴です。

 

味は美味しいの?

「沼」が減量食に向いていることが分かりましたが気になるのは「味」でしょう。

見た目はドロドロとしていてグロテスクですがその見た目とは裏腹に食べやすいと評判です。

干しシイタケとわかめに含まれているうま味成分がいい味をだせるんだとか。

シャイニー薊さんは料理人としての経験もあるので栄養価と味両方のバランスがとれています。

 

沼の亜種:様々なアレンジレシピ

「沼」が公開されてからはネットで様々なアレンジレシピが考案されました。

「沼」自体はシャイニー薊さん専用の減量食です。

薊さんは1日1,800キロカロリーが最も良いバランスでこれより多すぎても太るし少なないと痩せすぎてしまうんだとか。

普通の人がこれと同じ分量を食べても上手く痩せることは出来ないでしょう。

そこで他の方が考案した様々なアレンジレシピを紹介したいと思います。

 

沼のアレンジレシピ:マグマ

まずはシャイニー薊さんがYouTube上で運営しているマッスルグリルで「沼」のアレンジレシピが紹介されています。


【マグマ】究極の減量食第二弾!!

マグマはトマト風味です。

見た目も少し改善されています。

こちらの方が好きという人も多くいます。

基本的な作り方は「沼」と変わらないので割愛します。

詳しくは動画をどうぞ。

 

ごまちゃもさんのアレンジレシピ


シャイニー薊さんの減量食【沼】をオマージュ 正しいダイエットはビルダーに学べ!体脂肪率が順調に減りすぎ!?

 

こちらはごまちゃもさんがYouTube上で公開しているアレンジレシピです。

見た目も良く、食べやすいように工夫されています。

さらに食物繊維を豊富に取り入れているので、ダイエットにより効果的です。

しいたけを使っていないので、苦手な人はこちらがおすすめ。

 

[材料]

・お米 200g

・押し麦 70g

・水 2L

・鶏むね 2~3枚

・えのきだけ 2パック

・わかめ 一つかみ

・昆布 適量

・生姜 1片

・塩 小さじ1

・鶏がらスープの素 小さじ2

・カレー粉 おおさじ2

 

バッファロー神戸流アレンジレシピ


最強の減量食!バッファロー神戸流「沼」レシピ大公開

 

バッファロー神戸さん考案のレシピです。

こちらのアレンジレシピの特徴はブロッコリーと一味、ほうれん草を加えて、カレー粉の代わりにキムチで味を調えたアレンジレシピです。

カレーの風味がない分スパイシーさはないですがキムチと一味が良いうま味をだしています。

 

おわりに、「沼」の注意点

いかかでしたでしょうか。

「沼」自体は1,800キロカロリーですので分量を調節することでカロリーコントロールが簡単です。

1,800キロカロリーは女性だと多いのでうまく調節しましょう。

基本的には体重を1kg落とすのに減量しなければいけないカロリーは7,200kcalです。

自分の代謝カロリーと計算してどのくらい食べればよいのか自分で考える必要があります。

しかしその問題さえクリアしてしまえばとても簡単に減量できる効率的な料理(?)になっています。

自分流の「沼」を作ってダイエットを成功させてくださいね。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

↓よろしければ応援お願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

あわせて読みたい記事

 

www.tousaiblog.com

 

 

www.tousaiblog.com

 

 

www.tousaiblog.com