ダイエット頑張ろう

ダイエットや健康に関する記事をまとめています

食べてすぐ寝ると太る?食後の正しい過ごし方について解説!

f:id:to-sai:20190925230801j:image

こんにちは、とうさいです。

 

お昼ご飯の後ってすごく眠たくなりますよね。

お昼寝をするとその後の仕事がはかどるのでご飯を食べた後についつい寝てしまいたくなります。

 

しかし食後に寝ると太るとよく言いますよね。

小さい頃は「食べてすぐ寝ると牛になるよ」とよく親から言われていました。

あれって本当なのでしょうか。

 

今回は食後の睡眠について解説したいと思います!

 

食べてすぐ寝るってホント?牛になるとは?

結論から言うと、食べてすぐ寝るのは良くないです。

 

キーワードは消化です。

 

ちなみに「食べてすぐ横になると牛になる」というのは太るという意味ではないんです!

食べてすぐ横になるという事が行儀が悪いことを指しているのです。

元々はしつけのために使われていたんですね。

この言葉の意味を勘違いしていた人も多いのではないでしょうか。

 

では、食べてすぐ寝ることが太るというメカニズムについて解説していきたいと思います。

 

消化が妨げられる

人間は食べ物を食べて1時間程度は胃によって食べ物を消化している状態です。

消化中は胃が活発に働いています。この時に睡眠してしまうと胃の活動が妨げられてしまいます。

そのため消化不良になりやすいです。

消化不良になると消化しきれなかった糖が脂肪へと蓄えられてしまうので結果として太るというわけですね。

 

余談ですが食後すぐ寝るのは太るだけではありません。

睡眠中に胃が活動することによって身体を休めることができません。

つまり睡眠の質も悪くなります。

 

寝ている間はエネルギーを消費しづらい

人間はエネルギーを代謝によって消費します。

寝ている間は活動量が少ないので、基礎代謝の部分でしか消費できなくなります。

食後すぐに寝てしまうと食べた分のエネルギーを消費しきれません。

余ったエネルギーは脂肪として蓄えられるので太りやすくなってしまいます。

 

また、最近の研究では22時〜2時にかけてBMAL1という物質が体内で増えるとのことです。

このBMAL1という物質は脂肪を溜め込みやすいという性質を持っています。

つまり、夜遅くに食べると太りやすいというのはこの物質によるものなのですね。

BMAL1が増えやすいので夜遅くの食事は控えるようにしましょう。

 

食後のNG行動は他にもある!

食後すぐの睡眠がダイエット的に悪影響であることがわかりました。

しかし食後のNG行動は他にもあるんです。

 

食後の運動はNG

食後1時間は消化活動が活発です。

そのため、食後すぐは消化を妨げるような行動がNGとなります。

食後すぐに運動してしまうのは胃の活動をさまてげてしまい、栄養が吸収されにくく、脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

せっかくの運動が無駄になってしまうので食後1時間は空けるようにしましょう。

 

 

夕食が遅い時間になってしまったらどうする?

食べてすぐ寝ることは太る原因になります。

しかし、残業で忙しくなった時に家に帰るのが遅くなってしまう時もあるでしょう。

そういった場合、夕食を摂らずに我慢するべきなんでしょうか。

 

夕食を食べないのは逆効果

結論としては夕食を食べないのもダメです。

夕食を食べないでそのまま寝ると次の日の最初の食事の時に血糖値が必要以上に上がってしまいます。

血糖値が高いとインスリンの分泌が活発的になり、脂肪へと蓄えられてしまいます。

食べても太る、食べなくても太るというのは辛いですね。

 

夕食が遅くなったら:消化に良い物を食べる

夕食を食べないのは基本的には良くないです。

オススメは消化に良い物を食べることです。

炭水化物で消化に良い物といえばおかゆ、うどん、ぞうすいなどが挙げられます。

逆に油の多いものや肉などは胃に負担がかかります。

肉をさけて魚や豆腐でたんぱく質を摂るようにすると胃の負担を抑えられるので気をつけるようにしましょう。

 

食後すぐはどうすれば良いのか

上記でわかるように、食後は消化活動が活発なので、消化を妨げないような行動をするべきです。

では何をすれば良いのでしょうか。

 

正解は、横になること!

最も消化活動を促進させるのは横になることです。

ん?寝るのはNGなのに横になるのは良いの?と思った人もいるでしょう。

 

睡眠はNGですが、横になるのは良いんです!

 

胃や腸の構造上、右側を下にして横になるのは消化されやすいのです。

食後は無理に動かず、少し横になるのが正解なので覚えておきましょう。

 

 

食後に気をつけるポイントまとめ

以上が食後の気をつけるべきポイントです。

まとめると

・食後すぐ寝ると胃に負担がかかる

・夜10時以降の食事は太りやすい

・食後すぐの運動もNG

・遅い時間の夕食は消化の良い物中心で!

・横になるのがオススメ

です。食後1時間程度は消化活動がさかんになりますが、完全に消化しきるまでには2〜3時間はかかります。

夕食は寝る3時間前まで済ませるのがベストですね。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

食後すぐ寝ると太るとは胃に負担がかかるという面によるものが大きいということでしたね。横になる、と寝る、では意味合いが違うので勘違いしないようにしましょう。

細かい点ではありますが、ダイエットにおいてはとても重要な点です。

せっかくのダイエットを無駄にしないためにもしっかり意識して過ごしてみてくださいね。

 

それでは、また。

 

↓よろしければ応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村