ダイエット頑張ろう

ダイエットや健康に関する記事をまとめています

飲んでも太らないお酒はある?カロリー、糖質を比べてみた

こんにちは、とうさいです。

 

お酒って美味しいですよね。

私もビールが大好きで夏の間はたくさん飲んでしまいました。

ところで、お酒って飲み過ぎたら太る原因になるんでしょうか。もし、お酒によって太りやすい物があるのであれば飲まないように避けたいですよね。

 

今回はお酒のカロリー、糖質についてまとめてみました。

f:id:to-sai:20190914215504p:image

 

太りにくいお酒って?

結論から言います。

最も太りにくいお酒はウイスキーです。

次点で焼酎、ワインといったところでしょうか。

 

逆に飲み過ぎたら危険なお酒はビール、日本酒、梅酒です!

 

基本的には糖質面でかなりの差が出ています。カロリーについては後述しますが、そこまで気にしなくても大丈夫です。

 

そもそもお酒を飲むと何故太る原因になるんでしょうか。カロリーが高いと太るイメージですがお酒自体のカロリーはどうなのでしょう。

 

お酒ってカロリー高いの?

 

実はアルコールのカロリーはエンプティカロリーと呼ばれています。

エンプティカロリーと言われると太らなさそうなイメージがありますね。

 

しかし、カロリーがないわけではありません。アルコールのカロリーは1グラム当たり7kcalです。

他と比べると脂肪が1gあたり9kcalでたんぱく質が1gあたり4kcalとなっているので、アルコールのカロリーは中々高カロリーであることがわかります。

 

では、何故エンプティカロリーと呼ばれているのでしょうか。

 

・アルコールには栄養素が含まれない

エンプティカロリーの本来の意味は高カロリーだが栄養素を含まない食品や飲料のことです。

「カロリーがない」「太らない」ということではありません。

 

・アルコールのカロリーは分解されやすい

アルコールのカロリーは高いですが、熱として分解されやすく、身体に蓄積されにくいという特徴があります。

お酒を飲んで身体が熱くなるのは肝臓で代謝されたアルコールが酢酸に変わり体内でエネルギーとして燃焼されます。

つまりアルコールを摂取しても素早く燃焼されるというわけです。

お酒は太りにくい飲み物なのでは?と感じますがデメリットはないのでしょうか。

 

お酒のデメリットとは?

アルコールには食欲増進効果があります。

おつまみを食べ過ぎてしまったり、シメにラーメンを食べたくなってしまうのはこれによるものです。

おつまみを食べる際にはカロリーに気をつけたいですね。

 

またお酒を飲む時には割り材のカロリーに気をつけなければいけません。

甘い飲み物で割る時はカロリー、糖質ともに高くなりがちですので注意しましょう。

 

お酒ごとのカロリー、糖質まとめ

お酒ごとのカロリーと糖質についてまとめてみました。

事前情報として、1日のカロリー、糖質の目安摂取量を掲載します。年齢や代謝量でも変わってきますのであくまでも目安です。

男性:カロリー2350kcal、糖質330g

女性:カロリー1700kcal、糖質270g

以上のことに注意しながら見ていきましょう。

 

ビール

f:id:to-sai:20190914215504p:image

ビールのカロリーは100mlあたり40kcal、糖質は3.1〜4.6gです。

缶だと350mlありますのでカロリーは140kcal、糖質は10.9g程度です。

ビールはカロリー、糖質ともに高いお酒となっています。また他のお酒よりも量を飲む傾向にあるので、飲み過ぎには注意が必要です。

 

日本酒

f:id:to-sai:20190914223303j:image

日本酒のカロリーは100mlあたり94.4kcal、糖質は3.6〜4.5g程度です。カロリー、糖質ともにビールより高いですが、日本酒は1合180mlですので量はさほど飲まないでしょう。

それでも高カロリーであり、飲み過ぎには注意です。

 

ワイン

f:id:to-sai:20190914223325j:image

ワインは種類によってカロリーと糖質が違います。

 

・赤ワイン

100mlあたりのカロリーは73kcal、糖質は1.5g

・白ワイン

100mlあたりのカロリーは73kcal、糖質は2g

・ロゼ

100mlあたりのカロリーは77kcal、糖質は4g

・スパークリングワイン

100mlあたりのカロリーは100kcal、糖質は2g

 

全体的にカロリー、糖質ともに控えめです。ロゼは糖質が高く、スパークリングワインはカロリー高めですので避けましょう。また、赤、白ともに甘口の物は糖質が高くなるので注意しましょう。

 

ウイスキー

f:id:to-sai:20190914223624j:image

ウイスキーのカロリーは100mlあたり237kcal、糖質はなんと0gです!

糖質で選ぶなら断然ウイスキーですね。

カロリーが高く見えますがお店で飲むウイスキーは1杯30ml程で、ハイボールも同じ分量です。

一杯あたりのカロリーは71kcalとこちらも他と比べても低いです。

ウイスキーが最も太りにくいお酒であると言えます。

 

・梅酒

梅酒は100mlあたりのカロリーは156kcal、糖質は20.7gです。

カロリーも高いですが、糖質は群を抜いて高くなっています。

梅酒は甘く、女性人気は高いですが、飲みすぎると間違いなく太る原因になるでしょう。

是非とも気をつけたいですね。

 

・焼酎

焼酎はウイスキーと同じく蒸留酒ですので糖質はありません

カロリーは焼酎甲類と焼酎乙類で違います。

 

焼酎甲類(チューハイ、サワー用)では100mlあたり206kcalです。

焼酎乙類(米、麦、芋焼酎など)では100mlあたり146kcalです。

カロリーが高く見えますがこちらも量はそこまで飲まないので、見た目程のカロリーはありません。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

お酒によって、カロリーや糖質は違うので選ぶ際には気をつけたいですね。

ウイスキーが特におススメです。

 

とはいえ、飲みすぎは食欲増進に繋がりますので水をお酒と同量飲むようにしてアルコールの分解を促進するのと飲む量を抑えるようにしましょう。

また、おつまみは低カロリー&低糖質のものを選びましょう。おススメは枝豆です。

 

またどうしても食べ過ぎたりビールを飲まざるを得ない状況の時にはカロリミットなどサプリメント等を摂取して糖質の吸収を抑えるのが良いでしょう。

 

FANCL カロリミット 約30回/1袋/120粒

FANCL カロリミット 約30回/1袋/120粒

 

 

カロリミットについてはこちらの記事にまとめてあります。よろしければこちらもどうぞ。

ダイエットサプリ人気No.1!カロリミットの効果について検証!効果的な飲み方とは? - ダイエット頑張ろう

 

それでは、また。

 

↓よろしければ応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村