ダイエット頑張ろう

ダイエットや健康に関する記事をまとめています

ダイエットが続かない?習慣化するためのコツを解説!

こんにちは、とうさいです。

 

今回はダイエットの方法ではなく、心理学的な面から解説していきたいと思います。

 

ダイエットって全然続かないですよね。

 

ネットやテレビでも様々なダイエット方法は取り上げられていますし成功例なんかも大々的に出ています。続ければ絶対に痩せられるんです。

 

でも途中で挫折してしまうことが多いですよね。あれってどうにかならないもんなんでしょうか。

 

そこで今回はダイエットを習慣化するために必要な強化の原理というものについて解説していきたいと思います。

 

 

 

ダイエットが続かない理由とは?

 

ダイエットは続かないですよね。色々良いダイエット方法があっても三日坊主になってしまったり途中で燃え尽きてパッタリとやめてしまったり。

 

ダイエットが続かなくて、自分の意志が弱いのが原因かなってついつい思いがちです。

 

でも実はあれって意志の強い弱いではないんです

 

というのも、やり方を間違えてしまうと、人間は三日坊主になるようになっているんです。

 

人間が物事を習慣づける方法としては2種類あります。

  1. アドレナリン式
  2. ドーパミン

この2つです。

 

アドレナリン式とは  やるぞ! という強い意志や気合いでやることです。最初はこの方法でダイエットを始める人がほとんどです。

 

アドレナリン式では頑張ってやろうとする意志もありますし実際かなり頑張れます。ダイエット初期はかなり真面目にやりますよね。

 

結論から言うと、このアドレナリン式では続かないんです!

 

アドレナリンは分泌されるとものすごい力を発揮しますが、せいぜい長くても3日でなくなってしまうんです。

 

これこそが三日坊主の原因なんですね

 

やるぞ!と意気込んでやることが実はあまり良くない方法だったんですね。

 

ですが、アドレナリンは無理矢理出し続けることもできるんです。

 

例えば大声を出すと交感神経が刺激されてアドレナリンを出すことができます。

 

ですのでダイエットをやるときに大声を出したり叫んだりするとアドレナリンが出て継続に繋がります。

 

しかし、このアドレナリンは実は身体に良くないのです。

 

アドレナリン自体はストレスホルモンと呼ばれるもので、非常に身体に悪い物質です。無理矢理アドレナリンを出し続けるとどうなるか

 

燃え尽きてしまうのです。

よく、燃え尽き症候群という言葉を耳にしますがそれがこのアドレナリンの出し過ぎによるものなんですね。

またうつ病などの精神的な疾患

心臓病、糖尿病などの病気を引き起こす原因にもなります。

 

病は気から、と言いますがこのようなことになるのは避けたいですね。

 

そこで、習慣化のもう一つの方法であるドーパミン式を使うことが重要になってくるのです。

 

 

ダイエット習慣化をするための方法:ドーパミン式とは?

 

ドーパミン式とは達成感や喜びによってドーパミンを分泌させて、行動を習慣化させようとする方法です。

 

ドーパミンが分泌されるとその原因となった行動を鮮明に記憶しようとして、再現しようとします。

つまりドーパミンが分泌されればまた同じことをやろうと本能的に動けるわけですね。

 

子供がゲームに夢中になるのもドーパミンによるものです。

ゲームをクリアすると達成感や喜びからドーパミンが分泌されます。そうすると次の日もゲームをクリアするためにやりたくなるという原理です。

 

 

ドーパミン強化の原理によるものです。

強化の原理とはその行動を強化しようとする原理のこと。

例としてはイルカの芸が挙げられます。

イルカは芸をやるぞ!という意志をもってやっているわけではありません。人が来たときに芸をやるとエサをもらえるからやっているんです。

つまりはエサをもらえるという快感のために人が集まって来た時芸を披露するということです。

人が集まってきたという条件がイルカの行動を強化する原因になっているということなんですね。

 

これを人間にも当てはめていくと習慣化が楽になります。

 

 

ドーパミン式で習慣化するためのポイントと期間は?

 

習慣化とはその行動が当たり前にできるようになることですが、そのラインに至るまでにどのくらいかかるのでしょうか。

 

結論としては長くても3ヶ月程ということです。

 

では習慣化するためのポイントを解説します。

 

①毎日続けることを目標にすること

毎日続けることを目標にすることで続いた時に達成感を味わうことができます。ただ頑張るぞ!ではなく、今日で〇〇日続いた!と思うことで次の日のやる気につながります。

 

②少しずつレベルアップすること

ほんのちょっとずつでもいいので、レベルアップすることを目標にしてください。ダイエットだと回数とかが挙げられると思います。毎日同じことの繰り返しでは飽きてしまいますが、レベルアップすることで過去と比較できるので、達成感や喜びに繋がります。

ゲームが良い例です。ゲームは進めれば少しずつ難しくなりますが、クリアすれば達成感になり、また次のステージに進もうとします。ダイエットにおいては無理しない程度に難しくしてくださいね。

 

③成果を記録すること

毎日続けたことやレベルアップしたことを記録してください。記録することで比較ができるので達成感やモチベーションアップにつながります。また、次はこうしようという目標も生まれます。

 

以上が習慣化のポイントですが、最後に一点だけ注意点

 

いっぺんに色々やりすぎないこと、です。

 

人間は変化を嫌う生き物です。いくらドーパミンを分泌させて習慣づけようとしても変化が多すぎると異変を感じてしまいます。ですので少しずつ、ゆっくりとやっていくのがおススメです。

 

以上、心理学的な観点からダイエットの習慣づけについて解説しました。

この方法を応用して是非チャレンジしてみてくださいね。

 

それでは、また。